中途採用の面接で受からない人の3つの特徴とは?一発合格した秘訣

中途採用の面接で受からんなくて辛くて、これから仕事がもし決まらなかったらどうしようと不安になる日々が続く。

 

また、正社員として働きたいのに面接でどこも受からない。

 

と悩みの方必見です、、僕も転職活動の経験が少なく、ネットで検索しても実績がなくては今よりもいい会社に就職することが難しいという言葉に意気消沈。

 

「どうしたらいいんだよ!!」と思っていました。

 

ですが、いざ中途採用の面接はスムーズに終えることができ、3時面接で高卒の僕がたった1発で大卒ばかりの企業に就職が決まった方法について今からお伝えしていきます。

 

結論から言うと、相手の欲しい人材になりきることが大切です。

 

意外と自分に自信がないといった方が多いですが、面接は強気でOKです!!

 

入社できたらどうにでもなるし、受かってから考えればいい話です。

 

では、本題へ行きましょう。

 

中途採用の面接で受からない人の3つの特徴

中途採用の面接で受からない人には、3つの特徴が挙げられます。

 

・あなたが志望した転職理由が明確化させていない
・自分の強みを理解していない
・自分の人生を自分で選択が出来ていない

 

上記を1つずつ解説していきましょう。

 

あなたが志望した転職理由が明確化されてない

 

受からない事を理由に目的の変化が出てしまっています。

 

初めは次の会社は「ここだ!!」と面接を受けてみたものの落ちてしまったがために、働きたい所ではなく、働ける場所を探した結果。

 

会社の志望理由がこんな自分でも雇ってくれるだろうと勘違いして志望した理由を明確に伝える事が出来ていないため、受からないケースが高い。

自分の強みを理解していない

 

自己PRに当たる部分になるのですが、ただひたすら自分の出来る事ばかり挙げて、会社の立場を無視している事があります。

 

また、「●●はできますが、●●はできません」というように初めから自分の意志で物事を判断してしまって、自分の強みを知らず、評価の低い人材と思われてしまうため、受からない特徴がある

自分の人生を自分で選択が出来ていない

会社員の特徴として与えられると思っている傾向が高く、給料をもらえるから下手に回る感ががあるからこそ面接で出てしまいます。

 

自分なりの意見を伝えてしまったら面接で落ちてしまうと勘違いしてしまい、自分の人生なのに自分の選択ができため、面接で受からない特徴があります。

 

では一体どのようにしたら面接で受かる人材となれるのでしょうか?

受かりたいなら面接官の気持ちになってみよう

仮にあなたが転職をしたい会社の面接官だとしましょう。

 

そのときにどんな人と仕事をしたいまたは、どんな人に仕事を任せたいと上司になった気持ちで想像をしてみましょう。

 

弱気な人?
強気な人?

どちらでしょうか?

 

極端な2極になりますが、採用を仮にするなら強気でやる気に満ち溢れてた方がいい印象を与えられませんか?

 

面接で採用を勝ち取る3STEPの戦略

ここからは面接で採用を勝ち取るための3STEP戦略についてお伝えしていきます。

 

①ミイダスに登録をし、自分の価値を知る
②エージェントサービスに登録し、ブラッシュアップ
③面接企業のリサーチを行う

 

この3STEPです。

 

詳しく解説をしていきましょう。

 

①ミイダスに登録し、自分の価値を知る

 

個人的にオススメの転職サイトがあります。

 

その転職サイトは、「ミイダス」に登録することです。

 

ミイダスをオススメする最大の理由が「市場価値診断」が備わっていることです。

 

市場価値の診断テストを行うことによって、あなたの市場価値の年収が目に見える形となり、企業から面接確約のオファーを頂けます。

 

実際に行なってみましたが僕の場合、665万円と年齢の相場年収よりも多くの年収評価をいただけるため、自分に自信が持てるようになることと企業から面接確約オファーをもらえるため、転職を有利に進められることができます。

 

ただ、ミイダスは個人的に使い勝手があまりよくはないため、自分の市場価値を確かめることと企業からオファーをもらえる自信をつけるために行います。

 

「あなたが欲しい!!」と言われて「嫌だ!!」と思う方も少ないため、まず登録を行なってみてください。

 

ミイダスの登録はこちらから

 

②エージェントサービスに登録し、ブラッシュアップ

 

面接を有利に進めるために2つのことがあります。

 

企業からのオファーをもらうことと自ら企業にアプローチをすることです。

 

働くのであればなるべく、やりがいと給料面が多い企業を誰しも望まれると思います。

 

そのため、エージェントサービスの備わっている転職サイトで履歴書と職務経歴書の添削などを行い、面接での自己PRの強化を図っていきます。

 

また、エージェントサービスではあなたにあった企業を探していくれるとともに面接の方法など細かく教えてくれるとともにあなたの価値をさらにブラッシュアップ(よりよくすること)をしてくれるため、登録して損がありません。

 

ここでは実際に使用したエージェントサービス機能が備わっている3社をご紹介します。

 

リクルートエージェント

マイナビAGENT

doda

 

③面接企業のリサーチを行う

 

あなたの存在価値を見出して、エージェントサービスを活用してからあなたが行うべきことは、あなた自身が働きたい環境を見つけることが大切になります。

 

あなたは現状として、働きたい場所よりも働ける場所で探している傾向が高いため、企業での面接でうまく受け答えができなかったり、本心でなかったりするため、面接で受からないのです。

 

そのため、あなたがここならと思う面接企業をリサーチするを徹底的に行うことであなたが転職活動での面接で落ちることはなくなります。

 

また、今の時代オンラインで対応している企業が多いですが、その中でもなるべく対面で人柄が伝わるような企業を選択しましょう。

 

オンラインの場合、要点だけで人柄が伝わりにくいことが多いため、あなたという存在価値を知ってもらうためにもオフラインでの面接の企業を探すことをオススメします。

 

まとめ

結論強気で大丈夫です。

 

弱気より強気でいった方が確実的に好印象を築けます。

 

また今回お伝えした

 

・あなたが志望した転職理由が明確化させていない
・自分の強みを理解していない
・自分の人生を自分で選択が出来ていない

 

という3つの点特徴を理解し、

 

①ミイダスに登録をし、自分の価値を知る
②エージェントサービスに登録し、ブラッシュアップ
③面接企業のリサーチを行う

 

といった3ステップでの対策方法をとることであなたは自信を持って面接に挑むことができるようになります。

 

意外と勘違いされてる方が多いのですが、面接よりも面接の前の準備対策が重要になるため、あなたも気をつけてこれからの面接を頑張っていきましょう。