脱サラとは?について脱サラ3年目の私が具体的に徹底解説

「脱サラとは一体なんなのだろうか?」
「脱サラをするためにどんな事をしたらいいのか?」
脱サラをするメリットやデメリットとは?

脱サラという言葉はよく耳にするものの脱サラとは何なのでしょうか?

私自身脱サラをして3年が経ちますが、脱サラした当初は何も準備をしていなく、会社を辞めたい一心でスタートをして失敗。

本当に脱サラをして良かったのか?と感じる日々が続きました。

そこで今回は、脱サラをした私が脱サラの定義を知った上で初めにこれからやっておけばよかったなと感じていたことをこれから脱サラしたいと思っているあなたに知っておくべきことやメリット・デメリットといった脱サラについて解説していきます。

また、脱サラしてからあなたの理想としたスタートダッシュを踏み出せるように注意点などもお伝えしていきます。

 

脱サラの意味とは?

脱サラの意味とは?

脱サラとは、サラリーマンから脱するという意味合いで「会社を辞めて独立する」という意味合いになります。

そのため、会社を辞めてからの独立を視野に入れて、行動をしていかなれば脱サラと呼べず、再就職といった携帯になり、再度サラリーマンに戻ってしまいます。

そのため、脱サラをしたいのであれば、同時に自分が独立するために何をしたいのかを考え、脱サラをしてスタートする事を示します。

 

脱サラのメリットとは?

脱サラのメリット

脱サラをするメリットは、3点あります。

1.時間的自由を手にすることができる。

サラリーマン時代とは違い、毎日何時にと出社しなくてもよく、自分の好きなタイミングで仕事が出来るうえに、自分の起きたい時間に起床することが出来るようになります。

また、自分がやりたいだけ仕事に熱中することができるため、好きなことに好きなだけ没頭することもできるようになります。

2.働いた分以上の収入も獲得できる可能性がある。

サラリーマン時代では、基本給があり、働いたら働いた分での時給換算でしか収入を得ることができませんが、働いて貰った収入は、サラリーマンよりも多くの収入を手にすることができます。

そのため、自分の仕事の資金や私生活での満足度が高くなり、自分がやりたかったことややれなかったことができる生活になり、さらなる人生の楽しみを見つけだす事ができるようになっていきます。

3.やりがいのある仕事に変わる。

会社員で感じているやらされている感や人間関係などの様々な悩みが生じたりしますが、脱サラをすることによって自分の仕事に価値を見出していきます。

生活のために働いていたことが、理想のライフスタイルを構築するために変わり、毎日が楽しく、頑張ったら頑張っただけ成果に繋がることも魅力の1つだと感じます。

 

脱サラのデメリットとは?

脱サラデメリット

メリットの反対でデメリットも脱サラをすると同時に3点あります。

1.収入面の確保を安定させなければ時間的自由を手に入れられる事ができなくなる。

理想とした働き方を目指していたのに、気が付いたらサラリーマン時代の方が良かったと感じるケースは少なくありません。

自由が一番不自由と言われるように自分のマネジメントといった自己管理が出来なければ、気が付いたら1日が終わっている状況になっていたりしまいます。

2.やりがいよりもしんどさが勝り何のために脱サラをしたのかがわからなくなってしまう現象に陥ってしまう。

責任はすべて自分にあり、失敗して資金が無くなり、借金を抱えて、「私にはダメなんだった」となってしまったりもあります。

3.お金の管理はすべて自己管理となる

サラリーマン時代よりもお金が入ったと使ってしまうと後から後悔することでしょう。

脱サラをすると今まで会社が行っていた税理関係(確定申告・厚生年金・住民税・社会保険料)をすべて自分一人で行わなければなりません。

そのため、お金を稼いだら守るという行為をしていなければ、黒字破綻なんてこともケースとしてあるということを覚えておきましょう。

 

本当にあなたは脱サラをしたいですか?

本当に脱サラをしたいですか?

とここまでお伝えしましたが、あなたは本当に脱サラをしたいと感じるでしょうか?

今のあなたのゴールとして、会社をどうやったら辞めるまでがゴールとなっていませんか?

脱サラというは、辞めることがゴールなのではなく、独立してから成果や結果を出すまでがゴールとなります。

そのため、自分には知識が浅く、経験もないと感じるのであれば、焦らずに1つずつ会社員のうちに悩みを紙に書き出すなどをして、解決していくと良いかもしれません。

ですが、1つだけ脱サラをするために大切なことがあります。

それは、『あなたが脱サラをして何をしたいか』がとても重要になってきます。

そのため、まずはあなたが第一歩としてやらなければならないことがあります。

 

脱サラする前にやるべきこと

あなたがやるべきこと

脱サラをする前に必ずやって欲しい事があります。

それは、自分が独立して何をしたいかを明確化することです。

初めにお伝えしたように辞めることがゴールになっているケースが多いのですが、しっかりとした事業計画書といったプランが決まって、辞めてからの道筋が決まっていないとデメリットでお伝えした3点のような事態になりかねません。

でも何をしたいかなんて分からない。

というのであれば、「自分の強み」は、何なのかを見つけだすことをオススメします。

今働いている業種から見つけだすこともいいですが、私があなたのような方の脱サラをして独立したい方の相談にはよくUSP(Unique Selling Proposition)を身に付けましょうとお伝えします。

USP(Unique Selling Proposition)とは、ビジネスを行うのであれば自社の強みを明確に定義する必要がありますが、自社の強みを集約し、顧客に伝わりやすくしたものになるのですが、このUSPを見つけておくとあなたが身に付けるべき資格や技術が明確されるため、これからには打って付けになります。

また、ビジネスとは、需要と供給であり、あなたの強みを供給(与える)とすると、需要がなければ意味がありません。

あなたが一方的に売れると思っていても、市場のリサーチ(口コミ)などをしなければ、初めても初速度が遅くなり、経営難にもなりかねません。

そのため、次にあなたは、脱サラするために需要のある選択肢を知るべきなのです。

 

脱サラするための選択肢

脱サラ選択肢

脱サラして独立するために、何を提供するのか?も大切ですが、何を市場が求めているのか?を知る必要があります。

市場が求めている事に対して、あなたができること。

例えば、自分が普段生活していてある悩みがあったとしてます。そこであなたが感じる悩みを解決するために開業をして、個人から企業まで解決するプランを提供するビジネスを提供してあげる。

などでもいいでしょう。

ですが、いきなり商品を作ったり、お店を持って開業することは私はリスクが大きいと感じます。

なぜなら固定費が高く、ハイリスク・ハイリターンなビジネスモデルだからです。

であるならば、固定費が低く、不動産と同じ感覚で手にすることのできるオウンドメディアといったブログの構築を脱サラするまでに制作をするといいです。

月額数千円の固定費で、継続すれば、不動産以上の2000万以上のサイト買い取り値が着いたり、時間的・資金的余裕も構築でき、専門に特化すればするほどサラリーマンのように安定した収入を手にすることができます。

そのため、サラリーマンをしながらでも空いた時間に行い、脱サラをし、あなたの初速度を上げることができるのです。

 

リスクは最小に脱サラ前の下準備

リスクを最小に

脱サラをするために、オウンドメディアの構築をオススメしましたが、リスクが最小に抑えれる上に、脱サラをした時点で売上をだしておくだけで、脱サラしてからやり方が分かっているために。不安になることも少ないです。

あなたが脱サラする上で時代にも合っており、低リスク・ハイリターンな結果を導き出す事ができます。

その他にもネットを活用したネットビジネスがあるため、自分に合ったモノを探してみても良いかもしれませんね。

 

まとめ

脱サラとは、脱サラして独立することを示し、前持った事業計画や売上を独立前に構築しておくことにより、不安なく、スタートした時点で自分の人生を楽しむことができます。

さらに、最低限の準備や金額を明確化させておくことで、サラリーマンよりも安定した多くの収入を得ることができるでしょう。

会社を辞めることがゴールではなく、会社を辞めてからをいかに楽にスタートができるかは今のあなた次第にかかっているということです。

是非、実践していってみて下さいね。

脱サラとは
最新情報をチェックしよう!
>縛られた環境から脱するための攻略マニュアルプレゼント

縛られた環境から脱するための攻略マニュアルプレゼント

個人で多くの情報を発信することも受信することも出来るようなった現代で必要なことは、クオリティーの高い情報をいかに自ら掴むことが大切になってきた。 そのため、GROWBUSINESSを通してあなたの可能性を広げてもらい、あなたの未来への材料を下記より得られることができます。

CTR IMG